右上

.

KENWOOD RXD-SG3MDの修理
01.jpgCD再生せず、付属品なしの状態で入手しました。
この機種の特徴は、表示部のパネルが回転することです。
回転パネルが動作する様子を撮影してみました。(動画Divx 1.9MB)
02.jpgCDを認識しません。
レンズの汚れと思われます。
03.jpg消毒用イソプロパノール(薬局などで入手できます。エタノールは不可)
を綿棒につけて優しくレンズを拭いてやります。
結構汚れていて、透き通った色に戻りました。
04.jpgダメでした(;´Д`)
結局分解します。
05.jpg側面を外したところです。
パネル回転機構があるためパネル裏が少し込み入っています。
06.jpgCD部を取り出す為、反対側も開けます。
07.jpg外れました。ネジはそんなに多くありません。
08.jpgこの黒い箱の中にCDのピックアップがあります。
09.jpgピックアップ裏側です。
10.jpgこの半固定抵抗(ボリューム)でレーザー出力を調整出来ます。
11.jpgまずは元の位置が分かるようにマーキングします。
12.jpg殆どの機器では、右に回すと出力UP、左に回すと出力DOWNします。
この調整はかなりシビアで、回しすぎるとあっけなく壊れます。
調整幅は±2mmくらいと考えて下さい。

結果、これを右に1mmほど回すとCDが再生できました。
しかし、1回目の調整では時間が経つとまた崩れることが多いので、
丸一日放置してから再調整して修理完了です。
2009年5月10日 追記
実はこの修理の直後、またCDが再生不能になってしまいました。
いくら調整しても1曲目しか再生できない状態で、レーザー部の死亡かと思われましたが、
マーキング位置より出力DOWNの左側に回すことで正常になりました。
このコンポは上記の普通の機器の場合と逆になっている可能性があります。
私の知る限りでは、任天堂ゲームキューブは逆になっています。

戻る